彼を略奪して不倫生活から幸せな結婚生活に変える方法

彼を略奪して不倫生活から幸せな結婚生活に変える方法

彼を略奪して不倫生活から幸せな結婚生活に変える方法

「W不倫の行き着く先は泥沼」などと世間一般には言われています。

 

それは少なからずW不倫の末の「略奪婚」、のイメージによるところも大きいのではないかと思いますが、外からの見え方と、当人たちの状態が必ずしも一致しているとは限りません。

 

略奪という言葉は強い響きを持っていますが、W不倫からお互いの離婚を経て一緒になり、幸せな結婚生活を送っているカップルもたくさんいます。

 

ここでは、W不倫から彼を略奪、幸せな結婚生活を送るためにはどうしたらいいのか、ということをまとめています。

 

 

約束を焦らない

例えば、「お互い子どもが大きくなったら結婚しようね」といったことを、睦言であっても口にしないようにする、ということです。

 

男性は今ある家庭と仕事だけでもかなり大きな責任を背負っていることになりますから、その上に不倫相手にまで約束をおしつけられるとなると、現実味はともかくとして、どうしても負担に感じることになります。

 

そうなると、もし他に「結婚」という言葉を口にしない女性があらわれると、あなたを捨ててそちらに走ってしまう可能性も。

 

あなたが略奪婚を狙っているとしても、それを彼に働きかけるのは得策ではありません。あくまでもそこへ誘い込むようにすることが大事です。

 

 

もっと一緒にいたいと思わせる

そのためにもっとも有効な方法は「あまり一緒にいないこと」です。

 

W不倫中のカップルの中には、「奥さんよりも長い時間一緒にいる」なんていうケースもあるようですが、これでは彼は現状に満足してしまって、結婚したいという気持ちは湧いてこないでしょう。

 

例えば家族サービスのある週末や夕方16時以降は絶対に会わない、昼間でも3回に1回は断る、といったルールを自分で決めてみましょう。

 

「彼が会いたいと思っている回数よりも少し減らす」のがコツです。

 

 

自分でできる準備は進めておく

W不倫では、彼があなたと結婚したいと思ってくれたからといって身ひとつで飛び込む、というわけにはいきません。
子どもがいるなら尚更です。

 

家庭に対して責任を果たせるよう、貯金をしたり、専業主婦の方なら仕事先をみつけたり、来るべき時に備えて準備はしておきましょう。

 

こういった準備は、もし残念ながら略奪婚に至らなかったとしても、無駄になることはありません。

 

ただし、これはあくまでも彼が身辺を綺麗にし、プロポーズを受けたあとで公開するべきことであって、先に「貯金があるから結婚して」などとくれぐれも持ちかけないように。

 

 

おわりに

W不倫からの略奪は、ある程度時間をかけて取り組むことが必要になります。焦りを感じたら自分の家庭のケアと自分自身の準備を進める、ということに頭を切り替え、長期戦で挑みましょう。

関連記事一覧

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!


ホーム サイトマップ