電話、SNS、メールの連絡でバレる不倫

電話、SNS、メールの連絡でバレる不倫

電話、SNS、メールの連絡でバレる不倫

不倫がバレるきっかけとして依然多いのが、「連絡の発覚」です。

 

連絡手段が固定電話や公衆電話くらいしかなかった時代に比べれば、不倫相手への連絡も気軽にとれるようになっています。
ですが、履歴が残り、通知がはっきり出るスマートフォンでのやりとりは、相当注意しないと、お互いの配偶者に疑いを抱かせる原因になります。

 

ここでは、メール、電話、LINEといった主要な連絡手段について触れながら、バレにつながらない上手な利用法を考えてみました。

 

 

LINEでのやりとりは避けたほうが無難

LINEがきっかけでW不倫を開始する人も多いためか、そのまま連絡手段として使い続けているケースもよくみかけますが、LINEは先に揚げた「履歴」と「通知」の面での危険度がもっとも高いです。

 

また、メールに比べて「すぐに返事をしなくてはならない」ような気分になりやすいのもLINEの特徴。
「家にいてもスマホばっかりいじっている」と、配偶者が不審に思い、そこから履歴をのぞかれて発覚、というケースも少なくありません。

 

 

メールは「数」と「内容」に注意する

「会えない時間をメールの数で埋めたい」と考える気持ちもわからないではないですが、頻繁なメールのやりとりは、バレやすくなるだけでなく、彼の負担になる可能性も。

 

万が一彼が削除しておらず、奥さんにメールを見られてしまった時のことも考えておきましょう。馴れ馴れしい呼びかけや言葉遣いはせず、男性か女性かもわからない程度だとベター。

 

そして、意外と盲点なのがメールアドレスです。実名が入っているもの、会社名が入っているものは使わず、できれば、彼専用のフリーメールアドレスをとってしまうといいでしょう。

 

 

電話はタイミング重視

彼か自分が自宅にいる可能性がある時には、絶対にかけないこと。相手がどのように携帯やスマートフォンを管理しているか、ということまでは、残念ながら信用してはいけないのです。

 

相手にもかけないようお願いはした上で、自己防衛策として、アドレス登録をしない、常に目に見えるところに置いておく、もしくはバッグにしまいっぱなしにしておく、といったことは必要かもしれません。

 

家の中でまでスマートフォンを持ち歩いていては怪しまれるという方は、iPhoneのスピーカーで音楽を流しておいたり、語学のiPodをきいてみたりしてはいかがでしょうか。

 

 

おわりに

不倫をしていなくても、「いつもスマホをいじっている」というような人は決して珍しくありませんが、つきあいの長い配偶者には、なんとなく今までと違う感じ、というのが思っているより敏感に伝わってしまうもの。

 

慎重になりすぎて困ることはない、と頭にいれておいてください。

関連記事一覧

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!


ホーム サイトマップ