旦那以外の男性を好きになってしまった時の対処法

旦那以外の男性を好きになってしまった時の対処法

旦那以外の男性を好きになってしまった時の対処法

「好き」という言葉の示す範囲はとてつもなく広いものです。

 

例えば既婚者であっても、「アイドルの男の子が好き」ということを表立って非難されることはまずないでしょう。
身近な男性であっても、仕事仲間として尊敬している「好き」、もっと漠然と「感じのいい人だな」と思っている「好き」などなら、他人にその話をしたところで、会話の一部として流されるくらいかと思います。

 

ところが、なかなか普通には知り合う機会のない芸能人と違って、身近な男性の場合には、その「好き」が本気の「恋」になってしまうことも少なくありません。

 

そして「自分には夫がいる」ということがブロックになるとも限らないのです。

 

ここでは、夫以外の男性を好きになってしまうということについて、それが恋愛につながってしまう理由を中心に、考えてみます。

 

 

「結婚していても恋はしたい」という欲求は誰にでもある

もちろん、「夫が常に恋愛対象」という人なら、他の男性を好きになっても、不倫まで行き着く可能性は少ないのかもしれません。

 

ですが、男性にとっても女性にとっても、結婚生活は相手を恋人から「夫」「妻」「パパ」「ママ」といった生き物にかえてしまいます。

 

それは家庭という機能を維持するためには不可欠なことではあるのですが、結果お互いを異性としてみる気持ちが薄れ、セックスレスになってしまうケースも多く、そこへ「好き」と思える男性があらわれたら、さらに思いを返してくれるようなことになったとしたら……。

 

既婚だからといって自制心を働かせることが難しいのは仕方のないことといえるでしょう。

 

 

「でも家庭に守られている」という矛盾した感情

さて、結婚しているからこそ恋愛に挑める、という人も少なからずいます。もし夫以外の男性との恋愛に破れてしまう結果になったとしても、自分には家庭があり、全てを失うわけではない、という安心感があるわけです。

 

こういう女性を外からみれば、「現実がみえていないだけ」「バレたら何も残らないのに」などと、批判的になりたくなるかもしれませんが、彼女たちが多少の矛盾を抱えつつも、恋愛を自分の糧とし、家庭のケアも上手にやりこなしているとしたらどうでしょう。ある意味、理想的な女性の生き方ともいえませんか?

 

 

おわりに

恋をしている女性はいくつになっても綺麗です。夫以外の男性を好きになること自体はむしろ自然なこと。それを恋愛まで発展させるかどうかは、あなた次第です。

関連記事一覧

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!


ホーム サイトマップ