不倫がバレた時の慰謝料とその後の生活

不倫がバレた時の慰謝料とその後の生活

不倫がバレた時の慰謝料とその後の生活

W不倫のバレは、大きくわけて、「彼の配偶者にバレる」「自分の配偶者にバレる」「どちらかの知人にバレる」「共通の知人にバレる」の4種類があります
。ただし、1度バレてしまったら、このうちのどれか1つのバレでおさまることはまずないと考えられるので、少なくとも2方向の対処が必要になることは覚悟しなければなりません。

 

また、配偶者にバレた場合には、離婚の有無に関わらず、慰謝料を請求される可能性があります。
金銭的な問題を含め、W不倫がバレてしまった時の対処を、状況別にみていきましょう。

 

 

自分の配偶者にバレた

誠実に謝り、あとは配偶者の判断に委ねます。相手の気持ちが怒りであふれかえっている時に、こちらから何をいっても、火を注ぐだけです。

 

子どもがいるならなおさら、家庭内を穏やかに保つよう努力しましょう。

 

その後の選択がどうなるにせよ、彼への連絡はしないように。
バレたという事実も伝えるのは慎重にしないと、話が大きくなり、まだバレていない相手の配偶者にまでバレてしまうキッカケをつくります。

 

知人の間で噂になっているようでも、しばらく彼に会わないようにし、配偶者ときちんと向き合うようにすれば、そちらはそのうち消えるでしょう。
変に火消しに回らないのもコツです。

 

 

相手の配偶者にバレた

彼に任せておきたいところですが、自分の配偶者にバラして欲しくない場合は、直接謝罪をして、別れると伝えるのがベストです。

 

NGなのは彼を通じての謝罪ややりとり。

 

なぜなら、彼が奥さんに離婚を言い出されたり、慰謝料を請求されたりするのを防ぐために、あなたが一方的に悪いように伝える可能性があるからです。

 

残念ながら崖っぷちに立った人のことは、例え恋人同士であっても信用することはできません。

 

 

慰謝料の相場はどれくらい?

相場というよりは、上限が300万円くらいと考えておくといいでしょう。

 

実際それをこえることは、相当な高給を得ている男性に対して、離婚をする時に請求する場合くらいしかありません。

 

女性側に対して請求される金額は50万円から100万円くらいが普通です。

 

これについては、彼の配偶者から50万円の請求があなたにだけあったとしたら、一部、もしくは全額を彼に負担してもらうことが可能ですし、自分の配偶者からの請求も同様です。

 

仮に彼が全てを負担すると言い切ってくれたら、かなり覚悟をもってあなたとつきあっていた、ということになりますね。
また、彼が支払いを拒んでも、半額は法律上、支払う義務があります。

 

 

おわりに

W不倫における配偶者へのバレは、2人の間だけでなく、お互いの家族にも激震が走る大きな出来事になります。

 

どんなに純粋な気持ちで彼とつきあっていたとしても、世間的、そして家族からみればあなたが悪いという自覚を持ち、反省をしっかり示しましょう。

 

「どうせ別れて彼と一緒になるから」と事を荒立ててしまうと、双方からの慰謝料や養育費で、新生活がままならなくなってしまうことも。
彼との未来を考えているなら、尚更、ここが頑張りどころです。

関連記事一覧

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!


ホーム サイトマップ