既婚女性が意中の男性を落とすためのコツ

既婚女性が意中の男性を落とすためのコツ

既婚女性が意中の男性を落とすためのコツ

もしあなたが、結婚しているのに他の男性を好きになってしまったとします。
あなたには当然「自分が結婚している」を気にすると思いますが、相手の男性にとってはどうだと思いますか?

 

相手の男性が、「結婚を前提のおつきあいしかしない」と決めているなら別ですが、実際問題そんな男性は今時ほとんど存在しません。
むしろ「つきあったからといって結婚をせまられる心配がない」ということにおいては、既婚女性にアドバンテージがあるのです。

 

自分が結婚しているからと、アプローチせずに諦めてしまうことで、素敵な恋のチャンスを逃している可能性も。

 

ここでは、既婚女性が意中の男性を落とすためのコツをご紹介しています。

 

とにかくほめる

少し話が脱線しますが、日本女性は「ほめられる」ということに慣れていないため、臆面なくほめてくれる外人男性に弱いといわれています。

 

要するに、それくらい女性には「ほめられたい願望」があり、女性をほめるということが文化として定着している国で育った男性ならともかく、日本育ちの男性にとってはそれが負担になっていることが多いのです。

 

ここは先回りをして、うっとうしくならない程度に、何かにつけて彼をほめてあげましょう。独身の若い女性にはないボキャブラリーをシーン別に使いわけるのも、腕のみせどころです。

 

 

見た目には生活感を出さない

男性は、ギャップに弱いもの。見た目は全く所帯じみていないのに、折りに触れて、「家でこんな料理をつくった」とか、「どこどこへ家族とでかけた」というような家庭的な面をにおわせると、彼からの憬れの気持ちが強まります。

 

 

ワリカンにする

金銭的に負担にならないことがわかると、彼のガードは一気にゆるみます。

 

といっても、その場で申し出ても固辞される可能性が高いので「次おごります」「この前おごってもらったので、今日のランチは私が払いますね」などと、次の機会にお返しをしましょう。

 

さりげなくまた会う機会を約束できるというメリットもあります。

 

 

誘うタイミングは慎重に

「彼があきらかにあなたのことを気にしている」ということが伝わりはじめたら、すぐにこちらから誘うのではなく、彼から誘いたいけれど迷いがある、というくらいにひきつけてから、それとなく好意を素直に伝えてみるのがおすすめです。

 

この方法なら、万が一まだ彼がそこまで踏み切れない段階だったとしても、気まずくなってしまうことがありませんし、彼もあなたに好意があると返してくれたのなら、あとはもう押すのみです。

 

 

おわりに

年齢等のハンデがあるケースも多いためか、つい色じかけに走ってしまう既婚女性も多いのですが、既婚女性の色気のようなものは、わざわざアピールしなくてもちゃんと表れています。
それは自覚しつつも、違う部分で「大人の余裕」を彼にみせるようにしてみてください。

関連記事一覧

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!


ホーム サイトマップ